記事作成日:2022年5月27日



PDFのページサイズをAdobe Acrobat DCで変更する方法 PDFのページサイズを変更する必要がある場合に皆さんはどのようにしているでしょうか?今回はPDFファイスのサイズや用紙サイズの変更方法をご紹介します。 PDF編集ソフトとして信頼性の高いAdobe Acrobat DCは、Windows・Mac共に互換することが可能な上に、様々なオペレーティングシステムを使用しても用紙サイズ変更に役立てることができます。

Adobe Acrobat DC.の主な機能



Adobe Acrobat DC.の主な機能は・・

• パスワードでPDFを保護

• 電子サインを追加

• PDF変換

• PDFファイルに注釈追加

以上の4点ですが、

高機能版であるAdobe Acrobat DC proには、画像pdfファイルの文字認識機能も搭載されているのをご存じですか?例えば簡単にファックスで受け取った文書をエクセル文書やワード文書に変換することも行えます。


Adobe Acrobat DCでの変更手順




手順①

文書作成アプリケーション(wordなど)でファイル/印刷 を選択。

手順②

プリンターに「AdobePDF」を選択↓「プリンターのプロパティ」をクリック

手順③

「Adobe PDF 設定」タブで、Adobe PDF のページサイズ項目の右にある「追加」ボタンをクリック

手順④

用紙名、用紙サイズの幅と高さ、単位を指定。↓「追加/変更」をクリックし、カスタムページサイズ名を「Adobe PDF のページサイズ」メニューに追加。

注意事項Acrobatで設定可能な用紙の最大サイズは635000 mm × 635000 mm (25000 インチ × 25000 インチ)です。その範囲を超えて作成しようとした場合には、エラーメッセージが表示されてしまいます。

MacでPDFのページサイズを変更するには?



MacにはPDF閲覧機能が内蔵されていることをご存じでしょうか?それがプレビューアプリです。 このアプリはあらゆるPDFファイルを開き印刷することが可能となっています。それに加え、MacでPDFファイルを開くデフォルトアプリとして閲覧中に基本的な編集操作も行え、マークペンでメモも取ることができる非常に便利なアプリです。

プレビューアプリの主な機能

・サイズが変更可能

・注釈を追加可能

・複数のファイルを一括に変更

・暗号化

Macでの変更手順

手順①

Macの「プレビュー」アプリでPDFファイルを開く

手順②

「ファイル」>「プリント」を選択。

手順③

「詳細を表示」をクリック↓「サイズ調整」を選択

手順④

ページのサイズを調整し、ファイルを保存

オンラインでPDFのページサイズを変更するには?



オンラインでPDF編集できるソフトといえば、AvePDF
このツールを使えばページサイズの変更も非常に簡単です。

AvePDFでの変更手順



AvePDFの主な機能

・ページサイズの調整

・圧縮

・結合

・形式変換

手順①

AvePDFのPDFのサイズ変更サイトにアクセス

PDFファイルをアップロード

手順②

PDFファイルのページサイズを設定

「リサイズ」をクリック

手順③

PDFファイルのページサイズが変更完了

ファイルをダウンロード

まとめ

ページサイズ変更は非常に使用頻度の高い機能です。Macパソコンを使用している方はデフォルトで入っているのでプレビューを使用することで問題が解消されるかと思います。
Windowsパソコンを使用している方はぜひAdobeAcrobat DCをお試しください。 サイズ変更だけでなくPDF編集が簡単に利用でき、非常におすすめです。無料体験版もあるので興味がある方は、まず7日間のお試しから使用してみてはいかがでしょうか?



当サイトについて

カテゴリー
タグ
  • PDF
  • テストです!