記事作成日:2022年5月26日

PDFは皆さんもよく使うツールかと思います。 使わない日はないといってもよいくらい使用頻度の高い方もいるのではないでしょうか? そんな方にとってこれがいきなり使えなくなったら・・不便なんてものではありませんよね? そこで今回は「Adobe Acrobat Reader DC」が固まってしまった際の解消方法について解説します。

PDFファイルを複数立ち上げた場合だけでなく、1つのファイルでも発生してしまうようです。 少し放置しておくとまた動き出すのですが、またすぐ固まってしまいます。

もしかすると他のツールが原因かと削除してみた方もいるかもしれませんが、解消しなかったのではないでしょうか?

※ちなみにこの現象はWindows8.1、Windows10で確認済みです。

解消方法


「Acrobat Reader DC」のフォルダ内にあるPDFのサムネイルを削除する。

「Adobe Acrobat Reader DC」のフォルダの中身を見てみましょう。

手順①

エクスプローラーで 「C:\Users\xxxxxx\AppData\LocalLow\Adobe\Acrobat\DC\ConnectorIcons」 を開く。 ※xxxxxはユーザー名

手順②
フォルダ内の画像をすべて削除

「Adobe Acrobat Reader DC」固まってしまう理由

このフォルダ内の画像はサムネイルになります。 2018年の10月バージョンアップからサムネイルも保存されるようになりました。 ここで注意しておかなくてはいけないのは、PDFを開くたびにサムネイルのファイルも増えていくということです。 「Adobe Acrobat Reader DC」を起動させると同時にすべてのサムネイルが読み込まれてしまいます。 その結果ファイルの数が多いことから固まるという現象に至ったようです。 ファイル数はおおよそでしかわかりませんが200以下では問題ないようですが。500を超えると固まってしまいました。



プロパティでサムネイルの保存を防ぐ

手順①
サムネイルをすべて削除 ↓
手順②
画面上で、右クリックからコンテキストメニューを表示 ↓
手順③
表示されたコンテキストメニューから[プロパティ]を選択 ↓
手順④
「ConnectorIconsのプロパティ」が表示されたところで、[セキュリティ]タブをクリック ↓
手順⑤
「グループ名またはユーザー名」で自分の名前を選択したのち、[編集]をクリック ↓
手順⑥
「アクセス許可」の「書き込み」で「拒否」にチェックをして[適用]をクリック ※「書き込み」は欄の下方にあります。表を下にスクロールしましょう。

以上の手順を踏むと、今後サムネイルが保存されることもなく、「Adobe Acrobat Reader DC」も固まらずに動くようになります。

まとめ

今回は「Adobe Acrobat Reader DC」が固まってしまうことの解消方法を解説しました。 PDFファイルを開くたびにサムネイルが保存されているところまでなかなか気が回らなかっただけに盲点ではありましたが、度々固まられては仕事になりません。 もし同じような現象が起きた際は、ぜひサムネイルをすべて削除してみてください。



当サイトについて

カテゴリー
タグ
  • PDF
  • テストです!