記事作成日:2022年3月24日

今回は、複数のPDFファイルを1つのPDFファイルにまとめる方法を解説していきます。ZoomやGoogle Meetなどのオンラインミーティングが普及し、議事録やアジェンダなど、いろいろなPDFファイルを作る機会が増えてきました。


気がつけばパソコンの中には、PDFファイルだらけという方も多いと思います。「このPDFファイルってなんのファイルだっけ?」と1つずつファイルの中身を確認していくのは、大変な作業になると思います。必要なPDFファイルが1つにまとまっている方が時間効率的にもいいですよね。

バラバラなPDFファイルのデメリット


例えば明日の会議は1番のPDFファイルと3番のPDFファイルが必要で、明後日の会議では、2番のPDFファイルと6番のPDFファイルが必要という状況があったとします。オンラインでミーティングをする際は、都度画面共有をやり直すことになり、操作側はかなり面倒な作業になると思います。また、相手を待たせることになり、時間を奪うことにもつながります。

オンラインではなく対面でのミーティングの場合でも、ミーティングを行う前の印刷段階で、PDFファイルごとにサイズや枚数を指定して、出来上がった印刷物を順番通り並び替えてホッチキスでまとめるといった作業が必要になってきます。バラバラなPDFファイルを1つのPDFファイルにまとめられたら、作業も楽になるし順番間違いなどのミスも防止でき、効率も上がります。

PDFファイルを結合する方法


複数のPDFファイルを1つにまとめる方法は、無料のものから有料のものまでいろいろあります。今回は、オンラインサービスを利用する方法と、専用ソフトを使って結合する方法の2つのやり方(どちらも無料)を解説していきます。

オンラインサービスを利用する方法


まずはオンラインサービスを利用する方法です。PDFファイルを結合するサービスを提供しているサイトは様々ありますが、今回は「iLovePDF」というサイトのご紹介と手順についてお伝えします。

この「iLovePDF 」というサイトは、無料でPDFファイルの結合、分割、変換などができ、Googleなどの検索エンジンで、「PDFファイル 結合」と検索すると、検索結果の上位に出てくるサイトです。

iLovePDF

PDFファイルの結合方法はとても簡単で、PDF結合と表示されている画面で、ファイルをドラッグ&ドロップするだけです。複数のPDFファイルをまとめてドロップすることも出来るので、結合したいPDFファイルがたくさんある場合でも操作は簡単です。

また画面の「PDFファイルを選択」と書かれたボタンの横にある「Googleドライブ」や「Dropbox」のボタンから、クラウド上にあるPDFファイルも選択できますので、オンライン上のPDFファイルを一度ローカルにダウンロードしてからアップロードするという手間も省くことが出来ます。


PDFファイルをアップロードすると、次の画面で結合の順番を変えることが出来ます。会議やミーティングなどで、PDFファイル使う際に思いのままに順番を変えることが出来ますので、非常にありがたい機能ですね。



順番の設定が終わったら、右下のPDF結合というボタンを押します。すると「PDFファイルが結合されました」と言う表記が出て、結合されたPDFファイルがダウンロードされます。自動的にダウンロードが開始されない場合、「結合されたPDFのダウンロード」ボタンを押してダウンロードします。

ダウンロードされたPDFファイルを開いて確認をしてみてください。以上がオンラインサービスを使ったPDFファイルの結合方法になります。

オンラインサービスを使う方法のメリット・デメリット


PCに専用ソフトをインストールする必要がなく、オンライン上で完結するため、手っ取り早く結合することができます。その反面デメリットもあります。PDFファイルをインターネット上にアップロードをする必要があるため、情報漏洩のリスクがあります。機密文書や社外秘などのPDFファイルを扱う際は、下記に挙げている、専用ソフトを使ったPDFファイル結合方法を試してみてください。

専用ソフトを利用する方法



続いて、専用ソフトを利用する方法のご紹介です。「CubePDF Page」と言う無料のソフトをパソコンにインストールし、PDFファイルを結合する方法になります。ソフトをインストールする必要がありますが、一度インストールしてしまえば、ずっと無料でしかもオフラインで使うことができます。リンク先から簡単にダウンロードできます。

※このソフトはWindows専用です。

PDF 結合・分割ソフト CubePDF Page

ダウンロードしたファイルを実行するとインストールが始まります。画面の指示に従って進めてください。インストールの途中で他のソフトのインストールを勧められることがあります。


このように「ついでにインストール」されるソフトの中には、かなり評判の悪いものもあります。インストールは任意ですが、おすすめはしません。

PDFファイルを結合する手順は、先程のオンラインサービス同様に簡単です。ソフトを起動し、結合したいPDFファイルをドラッグ&ドロップすると、ファイルがソフトに反映されます。複数のPDFファイルをまとめてドラッグ&ドロップすることが出来ます。


PDFファイルをドロップ後、右側にある「上へ」「下へ」のボタンを押すことで、結合の順番も変えることができます。順番を並べ替えたらメニューにある結合を押すことで、結合したPDFファイルの保存ウインドウが開きます。好きな保存先を指定してファイル名を入力すれば、PDFファイルの結合が完了します。

専用ソフトを使う方法のメリット・デメリット

ソフトをインストールする必要がありますので、最初の段階では手間はかかりますが、インターネット接続が不要で情報漏洩のリスクがないというメリットがあります。

まとめ

このようにPDFファイルは簡単に結合できますので、ぜひ試してみてください。結合しなくても問題ないと思う方もいると思いますが、仕事上では細かい配慮こそが重要になります。「いつものバラバラPDFファイルは1つのファイルにまとめてお渡ししますね」など、さりげない配慮をすることで、社内の信頼にもつながってくると思います。



当サイトについて

カテゴリー
タグ
  • PDF
  • テストです!