記事作成日:2022年1月18日

YouTube連動ブログページ

このページは当社YouTubeチャンネルの動画を元に作成されています。
株式会社ダークマターYouTube公式は、こちら 👈

概要

暗号通貨に関する話題は毎日のように報道される。今後ビジネスとしてどのような影響を及ぼすのか不明であるが注目して行きたい。

ビットコインに準ずる規模の暗号通貨であるイーサリアム(通貨単位イーサ ETH)を国内大手の暗号通貨取引所bitFlyerから入手してみた。イーサを入手する方法はいくつかあるが一例として紹介する。

全文

こんにちは。今回は暗号通貨イーサを市場で購入してみた。 BitFlyer で、実際にイーサを入手した事例 という話です。

経緯と概要です。暗号通貨に関する話題は連日のごとくあります。暗号通貨は今後ビジネス的に要注目の項目であると考えます。ビットコインは非常に有名ですが、それに準ずるものとしてイーサリアムというものがあります。

イーサリアムの通貨の単位はイーサです。イーサリアムは話題の nft でも利用される注目の暗号通貨です。 Nft とは非代替制トークンのことでして、ブロックチェーン技術を利用した、改ざん不可能なデジタル情報のことです。アート作品などと結び付けて資産として保有・取引できるという特徴があります。主にイーサリアムで利用されています。

研究や体験目的で今回イーサを入手することにしました。入手方法は様々ありますが、今回は大手の bitflyer という会社のマーケットを通じてイーサを入手しました。

BitFlyer とは何かということなんですが、いつものごとく Wikipedia から、ちょっと引っ張ってきました。読み上げてみます。 BitFlyer は日本の暗号通貨取引所、株式会社 bitFlyer が運営している日本ブロックチェーン協会の主幹企業とあります。

bitFlyer っていう会社がありまして、暗号通貨に関する、かなり大きな会社だということで、このまま bitflyer で、アカウントを作って購入することにしました。

イーサリアムについてですが、 bitFlyer のホームページにイーサリアムの説明がありましたので、取り上げてみます。イーサリアムはヴィタリック・ブテリン氏によって開発されたプラットフォームの名称です。このプラットフォーム内で使用される仮想通貨をイーサと言います。

日本ではプラットフォームを意味するイーサリアムと、通貨を意味するイーサを、どちらもイーサリアムとする表現が普及しています。とありますね。イーサリアムの特徴として、スマートコントラクトというのがありまして、スマートコントラクトはブロックチェーン上にプログラムを書き込むことで、設定した要件を自動的に実行する機能とあります。とりあえず、イーサリアムというのはそういうものです。

イーサの入手までの過程を一例として説明します。イーサを入手する方法は 1 つではありません。ここでは、bitflyerを利用した方法を紹介します。 BitFlyer のアカウントをまず作ります。

今回は、法人として作りました。法人アカウントとして取引可能な状態にします。アカウントを作っただけでは、取引ができません。会社としてアカウントを作ったら登記簿謄本の提出とか会社口座の登録など、取引に必要な事項がいくつかありますので、それを全て行います。それが完了した状態で、初めてイーサとか、ビットコインなどを購入したり、入手したりできるようになります。

会社の口座から、 BitFlyer に現金を振り込みます。 bitFlyer 内の市場で取引をしてイーサを入手します。 BitFlyer 内には、bitFlyer と取引する場合と、 bitFlyer のユーザー間でイーサをやりとりする市場っていう 2 つがあるようなんで、今回は、ビットフライヤーのユーザー間で取引されているイーサを入手する方法を試してみました。

BitFlyer で 0.01 イーサ を入手というお話です。bitFlyer でイーサを入手する場合、先ほどを言ったように、 BitFlyer と直接取引してイーサを購入するか、ビットフライヤーユーザー間の市場で取引してイーサを入手する方法があると言いましたけど、今回は bitFlyer のユーザー間の市場を利用して、具体的には、 BitFlyer Lightning という取引所を利用して入手しました。現時点の 1イーサ の相場は約 45万円となっています。最低の購入単位は、 0.01イーサからということなので約 4500円、最低必要です。今回、体験目的ということで、 0.01 イーサを入手しました。

取引自体は、株式取引と大体似たような感じで、板情報というものがあるんですけど、それと大体同じような感じで取引できます。後で具体例を動画で紹介します。

BitFlyer で法人として取引する場合の準備。先ほど言いましたが、 bitFlyer でアカウントを作ってもそのままでは取引はできません。とくに、法人としてアカウントを作った場合は必要な手続きがありまして、この画面の、右の赤枠で囲んだ部分で、法人情報登録とか、このような項目がいくつかあるんですが、これを全てクリアしてやっと取引ができるようになりますので、とりあえずこの部分を完備する必要があります。それが法人として取引する場合の準備です。まずはここを全て完了させます。

入出金情報を入手するということで、まずは銀行の会社の口座から bitFlyer の口座にお金を振り込む必要があります。この画面にあるように左メニューの入出金っていうところに銀行振込っていうところがありますので、ここをクリックすると bitFlyer の振込先が表示されます。

その次に会社の口座から bitFlyer の口座に振り込みをするわけですが、先ほど言った手続き手順を踏むと、口座情報が出てきます。いくつか選択肢があるんですが、自分は三井住友銀行の口座を選んで振り込みました。他の振込先も複数あります。

実際に、会社の口座から三井住友銀行のビットフライヤーの口座に、振り込んだ後の状態がこの画面になります。実際に1万円振り込んでみました。

そうすると、資産状況としてビットフライヤーの口座にはJPY 資産が日本円換算で 1万円とあります。これが日本円の資産で、実際に 1万円振り込まれて口座にあることが分かります。

実際にこれでイーサの入手が可能になったので取引するんですが、実際の取引中の約 2 分間の動画を作ってみました。先ほど言ったように、BitFlyer のユーザー間でイーサを取引するビットフライヤーライトニングというところがありまして、そこに移動して、相場の板が出現します。

ここでは、何もしなくてもイーサの取引画面になっているんですが、他の通貨の取引もそこでできますので、ビットコインなど他の通貨を購入する場合は現物って項目がありますので、そこを押すとイーサの取引から違う通貨の選択肢を選ぶことができます。ここでは先ほど言ったように何にもしなくてもイーサの取引ができるような画面になりました。そこでまず指値で 0.01 イーサ を購入する手続きをしてみました。

実際に初めてやるわけですので、勝手がわからないんですけど、すぐに取引成立しなかったんですね。30 秒ぐらい待ったんですけど、取引が成立しなかったので、途中でキャンセルして、成行という方法での取引に変更しました。そうするとすぐに取引が成立して 0.01イーサ を入手したと、そういうような内容の動画になっています。

ここは実際の動画の部分です。あとで差し替えます。

そしてこれがイーサを購入後の資産の状況なんですが、 0.01 イーサを購入して、若干減ってますけど、この減った理由っていうのは、ちょっとここでは説明しませんが、0.01 イーサ、それが 4610円の評価で、JPY 資産、日本円が残高 5378円、合計で 9988円という感じになってますね。 1万円が 0.01 イーサを購入したことによって、このような状況になっているということです。

まとめです。今後、ビットコインなどの暗号資産がビジネスにどのような影響を与えるかは不明です。しかし、無視できない存在であることは確かで、今回ビットコインに準ずるイーサリアムの通貨、イーサを入手する一例を紹介しました。 今後、実際にイーサを利用して何ができるか試していく予定です。今回は以上です。



当サイトについて

カテゴリー
タグ